KUSABIBITO TOKUSHIMA

TOSHIKI YAMAGUCHI

宮大工とは

伝統的な 継手や仕口を使って神社やお寺をつくっていく仕事です。なろうと思ったきっかけは家大工を2年ぐらいやってたんですけどこのままではちょっとまずいなと本当の意味での手に職をつけて将来木材を扱ってご飯を食べていきたいなと思ったので。

宮大工と家大工の違い

部材が大きいのと、原寸図がちょっと複雑です。柱1本にしても 住宅だったら12センチ角とかなんですけどもっとも大きいな、7寸八寸1尺とか 。丸かったりもするしやっぱりそれに従って使う道具も増える。それを扱う他の知識経験というのが大きな違いですね。いろんな角度があって、それを削る。かんな削り、かんなを作っていくところからはじまりますね。

木材の選定

木材を扱う上では木の曲がり方、反り方とか言うんですけど同じ方向にばっかり反っているわけでもないし、いろんな表情があるんでその辺をなるべく見抜くようにしています。
できる限りその形に沿った部材を使うのがベストです。しかし、全てぴったりの木は少ない。お寺とかなら剃ってる垂木とかも使うので場所によって選定し、繊維を切らないようにしている。繊維を切らないっていうのが昔から考えだと僕は思ってますね。

宮大工の伝統的な技法

形は時代で少しずつ変わっているんですけどやっぱり根本的なデザインとか形は ずっと変わらないままですね。多分それ以上のものが生まれてないだけで変わる必要が今のところないんだと思います。一番合理的で長く使えるということですかね。

プレカットが住宅では多いんですけどやはり社寺建築では継手仕口や組ものもそうですし、やっぱり木材を上手につなぐ 技っていうのがたくさんありますよね。それを多用しているのが社寺建築ではないかなぁと思います。

宮大工の未来

現在、若い人たちがいないことはないんです。都会の方とか有名な工務店にはたくさんいるんですけど、やっぱり地方にも実力を持った工務店があるっていうのを知ってもらって 若い人たちも自分の育った地方であの勉強して一人前になった食べていけるっていうのは分かって欲しいですね。 やっぱりその育ったところで大工さんをしていってほしいです、宮大工として。

若者たちへメッセージ

結構世間的なイメージでは「きつい・給料面で安い」とよく聞きます。しかし、飛び込んでみてから考えれば全然大丈夫だと思いました。まあ苦労は確かにありますけど、やりたいと思っているのが宮大工だったら飛び込んでみたらいいんじゃないかなと思います。