KUSABIBITO TOKUSHIMA

TAKASHI SATO

はじめたきっかけ

もともとは普通のサラリーマンだったんですけど仕事を全うする上で自分の組織がさらに成長していくためにはこういう仕事をした方が良いんじゃがいいかと組織の中で立案をしていたんです。その中に自然界を回復していく技術の開発っていうのがありました。

高校の時から大切にしていることが、何かを取り組むときは「険しい道を選ぶ」ようにしているんですね。単に研究開発できるっていうだけではなく、それを個人研究にし学会に行くようにしていました。そうしたら学会のなかで選んでいただいて、発表したり、国際学会に呼ばれるようになりました。そうしましたらアメリカのTED Conferencesに出ることになって一気にオファーが殺到し、サラリーマンができなくなるぐらい忙しくなりそれがエコロジカルファーストエイドを立ち上げたきっかけです。

プロジェクト内容

うちの団体ではアジアを中心に国内外でプロジェクトを展開しています。ネパール・インド・インドネシアで国内では西日本を中身にプロジェクトを展開しています。内容は環境保全活動から入り、地域の経済的自立支援と環境面の自立支援。地域住民が主人公となっていくプロジェクト展開しています。うちの団体はNPOですが研究開発も行なっており、その中でも装置YOUは水質浄化装置です。さらにその中でも何種類かあり、水を浄化していくもの・水を改善していくものと二つあります。

エコロジカル・ファーストエイドの魅力

地域住民が主人公となり町の課題を解決していくことです。プロジェクトの中で自分自身の成長であったり、達成感であったり、そういったことを主人公となって経験していけることだと思います。それをYOUプロジェクトというんですが、「Y・O・U」で「あなた」という名前がついています。装置は先進の特許科学技術を使っているんですが、みんなが作れること、誰でもが作れること「あなた一人一人が主人公になれる」という思いを込めています。

未来の展望

たくさんあります(笑)
うちの団体の基本理念にもなっているんですけど「未来を生きる子ども達に美しい自然を残していきたい」。そして、地域住民の輝く未来、若者の輝く未来を応援していくこと。地域の抱える課題を解決していく若者が魅力を感じる町づくり、あたたかいコミュニティーづくり。その中で少子高齢化などの問題が解決していくような町づくりを目指しています。

若者たちへメッセージ

僕はたくさんの高校生達と一緒にプロジェクトをやっているんですが彼らは一人一人が主人公となって輝くことができています。彼らをみていると自分でも気づいていないような秘めた可能性を持っています。なので自分の好きなこと、興味のあることに是非若いうちにチャレンジしていただきたいと思います。そして、それがきっといい方向につながっていくと思います。もし、道に迷ったら僕のところに来てください。うちの団体では若者の輝く未来を応援することで、僕自身もそれが生き甲斐となっています。皆さんの輝く未来応援しています。